1. ホーム
  2. 脱東京ビジネス研究会
  3. プレゼンボード
  4. 神山町「神山プロジェクト~創造的過疎から考える地方創生~」

脱東京ビジネス研究会

神山町「神山プロジェクト~創造的過疎から考える地方創生~」

このプレゼンボードは終了しました

開催日時:
2015年08月04日(火) 19時00分 ~ 21時00分
受付開始時間:
18:30~
参加費用:
正会員価格:0円
ビジター価格:0円
備考:
お申し込みは下記リンク先よりお願いいたします。
第5回TIP*Sマナビジカン「神山プロジェクト~創造的過疎から考える地方創生~」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://tips.smrj.go.jp/event/manabijikan20150804/

終了しました


 徳島県神山町では、人口減少により全国で過疎化が進む中、数年後のまちの人口構成に見合った人材を逆指名する「創造的過疎」をテーマとした取り組みを始めました。地方創生の先駆けとなる創造的過疎は、持続的なまちづくりの一事例として全国から注目を集めています。
 この取り組みにより、神山町では様々な人材・IT企業の誘致に成功し、2011年には転入者が転出者を上回る成果を残しました。
 今回は、この創造的過疎を仕掛けた特定非営利活動法人グリーンバレーの理事長 大南信也氏をお迎えし、神山町を舞台に「創造的過疎」を実現するために行っている「神山プロジェクト」やこれから目指すことなどについて熱くお話しいただきます!

大南信也氏(特定非営利活動法人グリーンバレー 理事長)
1953年、徳島県名西郡神山町生まれ。スタンフォード大学大学院終了。
1988年、日本で最初に「アダプトプログラム」を実施。
 その後、「神山アーティスト・イン・レジデンス」、「ワーク・イン・レジデンス」を実施するほか、「IT企業9社のサテライトオフィス」を誘致。地域の資源は「モノ」ではなく「ヒト」だと考え、国内外から多様なヒトが集う「せかいのかみやま」づくりを目指している。
 多様な人が集う価値創造の場「せかいのかみやま」づくりとともに、的確な目標に向かって過疎化を進め、人口構成の健全化を目指す「創造的過疎」を持論に活動中。


<日時・スケジュール>
2015年8月4日(Tue.)19:00-21:00
18:30-    受付開始
19:00-20:20 講演(大南信也氏)
20:20-21:00 参加者同士のシェア、大南氏とのQ&A
21:00-21:45 交流会
   -21:45 解散


<場所>
TIP*S/3×3Labo
(東京都千代田区大手町2-6-2日本ビル6階662区)
JR東京駅より徒歩1分(日本橋口)
東京メトロ東西線大手町駅より徒歩4分(B8a出口より地下道直結)

<参加費>
脱東京ビジネス研究会会員およびtoJOIN正会員=無料
一般=無料(当日の研究会会員登録も受け付けております)

<お申し込み>
お申し込みは下記リンク先よりお願いいたします。
第5回TIP*Sマナビジカン「神山プロジェクト~創造的過疎から考える地方創生~」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://tips.smrj.go.jp/event/manabijikan20150804/

※脱東京ビジネス研究会会員とは
年会費=無料(オープンイノベーション促進協議会ビジター会員として)
村楽より今後の研究会案内、地方創生に関する情報提供を行ないます。

プレゼンボード一覧

上に戻る