1. ホーム
  2. 脱東京ビジネス研究会
  3. プレゼンボード
  4. ハウス1棟で1000万円稼ぐ農業ビジネス(茨城県筑西市編)

脱東京ビジネス研究会

ハウス1棟で1000万円稼ぐ農業ビジネス(茨城県筑西市編)

このプレゼンボードは終了しました

開催日時:
2015年11月02日(月) 19時00分 ~ 21時00分
受付開始時間:
18:30~
参加費用:
脱東京ビジネス研究会会員およびtoJOIN正会員:2,500円
茨城県出身者:2,500円
一般:3,000円
備考:
主催:脱東京ビジネス研究会

終了しました

「ハウス1棟で1000万円稼ぐ農業ビジネス」
(茨城県筑西市編)

TPPが妥結の見通しとなり、日本の農業は曲がり角を迎えています。
とくに高齢化や過疎化による人手不足は農村地域にとって深刻な課題であり、
生産性の向上と農業収入のアップは必要不可欠な状況となっています。

茨城県筑西市において「生きた野菜をお届けする農業」をテーマに、
美味しい野菜づくりと高い生産性を両立する農業を実践する方がいらっしゃいます。
いきいき野菜生産組合の代表 小野田勘一郎 氏です。



いきいき野菜生産組合では、新鮮な野菜を直接ご家庭に届けるため、
ポットに植わった状態でお届けするレタス「ポットちゃん」の生産を行なっています。
このレタスはサラダなどで食べる際にそのまま収穫して、3秒で食べることができます。
野菜の鮮度は収穫した後の時間経過で落ちていきますから、このやり方は画期的ですね。

また、このレタスを生産するために省力化を図り水やりの仕組みを工夫し、
エンジニアと協働でIoTを導入するといった先進的プロジェクトも進められています。
今回はこのような先取性の溢れた小野田氏の農業哲学に大いに刺激を受けてください。

もちろん、いきいき野菜生産組合で生産している生きたレタスや、
産地直送の秋野菜をふんだんに使ったお料理も提供する予定です。
ぜひとも頭とおなかにたくさんの栄養分を取り込んで、楽しい会にしていきましょう。

<日時・スケジュール>
2015年11月2日(月曜日)19:00-21:00
19:00-19:30 脱東京懇親会 (茨城県筑西市の食材を飲み食いしながら、名刺交換等)
19:30-20:00 「ハウス1棟で1000万円稼ぐ農業ビジネス」(小野田勘一郎氏)
20:00-20:30 ローカルプレゼン(飛び入り歓迎!)
20:30-           懇談

<場所> ※変更
村楽アジト
東京都台東区 元浅草2丁目10−5 (1Fが銭湯日の出湯です)
JR各線「上野」駅 まで徒歩10分
東京メトロ各線「稲荷町」駅 まで徒歩5分

<参加費>
脱東京ビジネス研究会会員およびtoJOIN正会員=2,500円
茨城県出身者=2,500円
一般=3,500円(当日の研究会会員登録も受け付けております)

※脱東京ビジネス研究会会員とは
年会費=無料(オープンイノベーション促進協議会ビジター会員として)
村楽より今後の研究会案内、地方創生に関する情報提供を行ないます。

主催:脱東京ビジネス研究会

「脱東京ビジネス研究会」とは
政府の地方創生の流れを受けて“脱東京”の機運が高まる昨今、
地方で仕事をすることは、東京で培ったビジネス経験や視点、
ネットワークを活用して新たに地域資源を再定義することにも繋がります。

しかし国家主導ではイノベーションは興りません
むしろ民間の事業者が積極的にこの流れを活用して、
脱東京ビジネスとしての事業機会を増大させることこそが本命でしょう。

そして実際に全国各地には、すでに地域課題を解決する事業モデルを立上げ、
実践的に試行錯誤しているローカルプレーヤーが多数存在しています。

「脱東京ビジネス研究会」は、そんな地方発のイノベーションを実践している
ローカルプレーヤーと東京のビジネスパーソンの出会いの場であり、
先進的取組みをスケールアウトさせていくための方法論を一緒に考える機会です。


その地域の魅力を知るには、まずはその地域の食を味わってみるのが良い。
そういった信念の下、脱東京ビジネス研究会ではローカルプレーヤーのプレゼン
その地域の食材を味わえるメニューの頭と腹をセットにしたプログラムをご用意しています。

同じ食卓を囲めば、その日からみんなが仲間になることでしょう。
そういった同じ志向性と嗜好性を持つ人々の結節点として、
脱東京ビジネス研究会は活動していきます。

プレゼンボード一覧

上に戻る