1. ホーム
  2. 井戸の端なら
  3. プレゼンボード
  4. 天気予報ビジネスの奥行と可能性を知る

井戸の端なら

天気予報ビジネスの奥行と可能性を知る

このプレゼンボードは終了しました

開催日時:
2016年11月22日(火) 18時30分 ~ 22時00分
受付開始時間:
18時00分
参加費用:
正会員・ビジター共(懇親会費込み):5,000円

終了しました

プログラム

第九回企画「天気予報ビジネスの奥行と可能性を知る」
フォーラムリーダー : 豆生田信一(綜合警備保障㈱)
事務局長 : 大関暁夫(㈱スタジオ02)

昔からコミュニケーションネタとして最も活用されてきた天気の話題。今回は、そんな天気予報のビジネスとしての側面にスポットを当てます。
天気予報は正確には気象予報と言います。94年に気象予報士という国家資格が制定されて以来、予報の世界は大きく変わってきています。気象を巡る様々なビジネスも新たなに誕 生しています。
今回は、気象予報士として仕事の幅を広げられているナレーターの財目かおりさん、法人向けオーダー気象予報提供等をビジネスとされている気象サービスの池田徹社長様にご登 壇いただき、気象予報ビジネスの奥行と可能性を皆で検証したいと思います。

プレゼンターのご紹介

  • Presenter

    株式会社 気象サービス

    代表取締役社長

    池田 徹

    ビジター会員

    プレゼンター推薦者:
    大関 暁夫
    大関 暁夫
    エントリー日
    2016年11月18日(最終編集日:2016年11月18日)
    プレゼン名
    天気予想ビジネスに関して
    ファイルNo
    No.00638

    天候に関する予想は我々の生活に直結する重要なことでもあります。

  • Presenter

    財目かおり・フリー

    財目 かおり

    ビジター会員

    プレゼンター推薦者:
    大関 暁夫
    大関 暁夫
    エントリー日
    2016年11月02日(最終編集日:2016年11月09日)
    プレゼン名
    天気予ビジネスの奥行と可能性を知る
    ファイルNo
    No.00634

    今の子供達が大人になるころ、
    どんな地球になっているのでしょうか?

    次の世代のために、
    私たちは、今なにができるのでしょうか?

    ・気象予報士とは
    ・地球温暖化
    ・ビジネスに役立てるヒント

    気象は、私たちの暮らしやビジネスと深~い関係がありますね。
    すぐに役立つ知識から、少し未来のお話しまで
    幅広くお話しをさせていただきます。

プレゼンボード一覧

上に戻る