1. ホーム
  2. 技術起業はじめの一歩

技術起業支援、はじめの一歩

技術起業支援、はじめの一歩(技術起業はじめの一歩)
  1. 0
  2. 1

モノづくりの国日本には、優れた技術が多数存在する。特に大学で開発された技術や、メーカーで事業化されずに埋もれている技術にユニークなものが多い。
それらのユニークな技術を事業化する、“技術系ベンチャー”の創業が増えれば、日本が活性化する。
一方、ユニークな技術を保有する研究者にとって、「起業」は遠い世界の出来事。興味があっても、どこから手をつければよいのか肌感覚がない。 
研究者に気づきを与え、「はじめの一歩」を踏み出すきっかけを作りたい。

フォーラムリーダーからのご挨拶

株式会社 ナインシグマ・ジャパン

取締役

星野 達也

研究者の技術起業を応援する
「はじめの一歩」とは


本フォーラムについて

世界では、毎日のように技術ベンチャーが設立され、厳しい生存競争を繰り広げています。優れたベンチャーにはリスクマネーが流れ込み、その資金をつかって更なる技術の磨きこみが進む、という循環がうまれ、モノづくりの底上げが進んでいます。一方、日本国内に目を向けると、世界に対抗できる優れた技術が、大学や大企業のなかに多数存在するものの、事業化されずに眠っています。それらをうまく活用して同じような循環を起こせれば、日本のモノづくり復活の一つのきっかけになるのではないでしょうか。

本フォーラムは、「技術起業に興味はあるけれどどこから手を付ければよいのかわからない」といった方々、特に大学や大企業に所属し、将来のアントレプレナー予備軍となる研究者・技術者を対象に、講演会や交流会を通して起業に向けた「はじめの一歩」を踏み出すきっかけを提供したいという思いで企画しました。

目的

本フォーラムでは、毎回、技術ベンチャーを設立して、市場で戦うアントレプレナーをゲストとしてお呼びし、起業の面白さを語ってもらい、技術ベンチャー起業に興味のある方々を刺激することを目的としています。

また、講演の後には、軽食を取りながらの交流会も企画しています。そこには、起業を応援する方々(VCや起業の経験者など)にもご参加いただくため、起業アイデアのブラッシュアップやサポーター集めの場としてもご利用いただけます。

技術ベンチャーの起業に興味のある方、それを応援したい方、どなたも大歓迎

・大学に所属する研究者(教授、准教授、助教、ポスドク、学生など)、あるいはメーカーに所属する研究者、技術者などで、技術起業に興味がある方々

・その他、すでに起業経験を持つアントレプレナーや、技術起業を応援したい方、このような活動に好奇心がそそられる方

 

 

プレゼンターのご紹介

  • Presenter

    株式会社アクセルスペース 代表取締役

    中村 友哉

    アクセルスペースは2008年設立のベンチャー企業です。東京大学・東京工業大学における超小型人工衛星開発プロジェクトをルーツとし、低コストかつ実用的な衛星による宇宙利用の普及を目指しています。起業以来、...

  • Presenter

    株式会社メタップス

    和田 洋一

    コンピュータゲームは、テクノロジーとアートが交錯する非常に複雑で興味深い分野です。 過去16年、経営者として業界リーダーとして、産業の激動に身を置いた経験をお話していきます。 ゲームに限らず、テク...

  • Presenter

    株式会社テンクー (Xcoo, Inc.) CEO

    西村 邦裕

    大学で助教として、バーチャルリアリティとゲノムの可視化研究に従事していました。2011年、大学での研究や最先端の技術を社会に届けるために起業し、VR技術の応用として、2012年に1年間限定で、東京スカ...

  • Presenter

    九州大学 客員准教授

    土谷 大

    2009年にハーバード大学での研究成果をもとにベンチャー企業を起ち上げ、これまで6年半薄膜固体酸化物形燃料電池の商業化を目指していた。民間投資会社、米国政府、州政府から10億円以上の資金提供を受けてい...

  • Presenter

    (株)悠心 社長・工学博士

    二瀬 克規

    中小企業が設立40年で1部上場を果たした実例と着眼点について検証を行う。後半はベンチャーの経営戦略について検証。 中小企業の事業形態はさまざまで研究開発力と営業力によって独自の商品競争力を有する...

支援法人

上に戻る