1. ホーム
  2. 技術起業はじめの一歩
  3. プレゼンボード
  4. 第ゼロ会 はじめの一歩のはじめの一歩

技術起業支援、はじめの一歩

技術起業支援、はじめの一歩(技術起業はじめの一歩)

第ゼロ会 はじめの一歩のはじめの一歩

このプレゼンボードは終了しました

開催日時:
2015年07月17日(金) 19時00分 ~ 22時00分
受付開始時間:
18:15-
参加費用:
セミナー&交流会:1,000円
備考:
東京都港区芝浦3丁目9−14
芝浦工大 芝浦キャンパス

終了しました

*モノづくりの国日本には、優れた技術が多数存在する。特に大学で開発された技術や、メーカーで事業化されずに埋もれている技術にユニークなものが多い。

*それらのユニークな技術を事業化する、“技術系ベンチャー”の創業が増えれば、日本が活性化する。

*一方、ユニークな技術を保有する研究者にとって、「起業」は遠い世界の出来事。興味があっても、どこから手をつければよいのか肌感覚がない。

*研究者に気づきを与え、「はじめの一歩」を踏み出すきっかけを作りたい。

プレゼンターのご紹介

  • Presenter

    クオンタムバイオシステムズ株式会社

    代表取締役社長

    本蔵 俊彦

    ビジター会員

    プレゼンター推薦者:
    星野 達也
    星野 達也
    エントリー日
    2015年06月12日(最終編集日:2015年07月19日)
    プレゼン名
    私が起業した理由
    ファイルNo
    No.00453

    東京大学理学部助手、新光証券、マッキンゼー・アンド・カンパニー、コロンビア大学(MBA)、産業革新機構を経て、2013年クオンタムバイオシステムズを設立。大阪大学のDNAシーケンサー技術を事業化し、世界の競合を相手に戦いを挑む。

    偶然目にした大学の技術で起業を思い立ち、即座に所属企業、大学、家族を説き伏せ会社を設立した経緯や、世界をまたにかけた組織拡大、資金集め、多国籍な社員のマネジメントなど、起業にまつわる種々のエピソードをお話しします。

プレゼンボード一覧

上に戻る