1. ホーム
  2. 技術起業はじめの一歩
  3. プレゼンボード
  4. 技術起業を支援する「はじめの一歩」第5回

技術起業支援、はじめの一歩

技術起業支援、はじめの一歩(技術起業はじめの一歩)

技術起業を支援する「はじめの一歩」第5回

このプレゼンボードは終了しました

開催日時:
2016年03月18日(金) 19時00分 ~ 21時00分
受付開始時間:
18:40
参加費用:
正会員価格:2,000円
ビジター価格:2,000円
備考:
正会員および優待期間中のビジター会員の方はどちらからでもお申し込み頂けます。重複して申し込む必要はありません。ビジター会員の方はそれぞれのフォーラムから「参加」下さい。

終了しました

研究者の技術起業を応援する
「はじめの一歩」とは

本フォーラムについて
世界では、毎日のように技術ベンチャーが設立され、厳しい生存競争を繰り広げています。優れたベンチャーにはリスクマネーが流れ込み、その資金をつかって更なる技術の磨きこみが進む、という循環がうまれ、モノづくりの底上げが進んでいます。一方、日本国内に目を向けると、世界に対抗できる優れた技術が、大学や大企業のなかに多数存在するものの、事業化されずに眠っています。それらをうまく活用して同じような循環を起こせれば、日本のモノづくり復活の一つのきっかけになるのではないでしょうか。

本フォーラムは、「技術起業に興味はあるけれどどこから手を付ければよいのかわからない」といった方々、特に大学や大企業に所属し、将来のアントレプレナー予備軍となる研究者・技術者を対象に、講演会や交流会を通して起業に向けた「はじめの一歩」を踏み出すきっかけを提供したいという思いで企画しました。

目的
本フォーラムでは、毎回、技術ベンチャーを設立して、市場で戦うアントレプレナーをゲストとしてお呼びし、起業の面白さを語ってもらい、技術ベンチャー起業に興味のある方々を刺激することを目的としています。

また、講演の後には、軽食を取りながらの交流会も企画しています。そこには、起業を応援する方々(VCや起業の経験者など)にもご参加いただくため、起業アイデアのブラッシュアップやサポーター集めの場としてもご利用いただけます。

技術ベンチャーの起業に興味のある方、それを応援したい方、どなたも大歓迎
・大学に所属する研究者(教授、准教授、助教、ポスドク、学生など)、あるいはメーカーに所属する研究者、技術者などで、技術起業に興味がある方々

・その他、すでに起業経験を持つアントレプレナーや、技術起業を応援したい方、このような活動に好奇心がそそられる方

プレゼンターのご紹介

  • Presenter

    九州大学

    客員准教授

    土谷 大

    ビジター会員

    プレゼンター推薦者:
    星野 達也
    星野 達也
    エントリー日
    2016年02月09日(最終編集日:2016年02月10日)
    プレゼン名
    米国での大学発ベンチャー立ち上げを振り返って
    ファイルNo
    No.00555

    2009年にハーバード大学での研究成果をもとにベンチャー企業を起ち上げ、これまで6年半薄膜固体酸化物形燃料電池の商業化を目指していた。民間投資会社、米国政府、州政府から10億円以上の資金提供を受けていたが、投資会社の役員交代、化石燃料価格低下などの煽りを受けて2015年に会社清算。大学で生まれた革新的技術を商業化することに挑む楽しさと苦しさの両面を紹介する。

プレゼンボード一覧

上に戻る