1. ホーム
  2. ローマの市場にて
  3. プレゼンボード
  4. ローマの市場にて1月定例プレゼンボード

ローマの市場にて

ローマの市場にて1月定例プレゼンボード

開催日時:
2018年01月29日(月) 18時30分 ~ 21時30分
受付開始時間:
18:00
参加費用:
参加費:4,000円
備考:
事前に当Webサイトから「参加登録」をお願いします。
参加状況:
31 / 80 名

ご友人と一緒のご参加も大歓迎です。
皆様奮ってご参加ください。

プレゼンターのご紹介

  • Presenter

    株式会社 日立製作所

    部長

    竹島 昌弘

    ビジター会員

    エントリー日
    2018年01月16日(最終編集日:2018年01月17日)
    プレゼン名
    イノベーティブ農業
    ファイルNo
    No.00717

    実家(山口県の田舎)では、自宅前の大きな畑で野菜はほぼ自給自足し、現在の会社に入ってから暫く、生鮮流通(卸売市場、産直システム開発など)に関わる仕事をしてきました。
    これまでの経験、体験を踏まえて、農業が抱える様々な問題を整理したとき、これらをイッキに解決するイノベーティブな農業のモデルを思いつきました。
    今日はその内容を皆さんにご紹介させていただこうと思います。

  • Presenter

    株式会社チアフリー

    代表取締役

    岡本 千明

    ビジター会員

    プレゼンター推薦者:
    西澤  民夫
    西澤  民夫
    エントリー日
    2018年01月16日(最終編集日:2018年01月16日)
    プレゼン名
    ビジネスパースンの折れない心の育て方 
    ファイルNo
    No.00716

    事業環境が激変し、正解が見えない中で、新たな取り組みや挑戦に果敢に主体的に取り組んでいく人材づくりが求められています。
    しかしながら「環境変化に対応することができずこれまでの自分を変えられない」「新たな挑戦・困難に対してついしり込みをしてしまう」「思い切って挑戦をしたものの、成果が出ずに自信を失う」「メンタル不全に陥る」といった声も耳にします。私自身も高い業績目標が求められたり、新たな取り組みに対する挑戦の中で何度も心が折れかけました。
    近年注目されている「レジリエンス」の考え方を効果的に取り入れ、失敗を自らの成長につなげ、しなやかに困難を乗り越えていく社員づくりのヒントをご紹介いたします

  • Presenter

    Creww株式会社

    manager

    加藤 健太

    ビジター会員

    プレゼンター推薦者:
    西澤  民夫
    西澤  民夫
    エントリー日
    2018年01月16日(最終編集日:2018年01月16日)
    プレゼン名
    スタートアップと大企業の協業について
    ファイルNo
    No.00715

    スタートアップ企業3400社のコミュニティをもつCrewwが、
    大企業とスタートアップ企業の協業を通じて、見えたお話をできればと考えております。

  • Presenter

    三菱製紙販売株式会社

    部長

    田中 伸治

    ビジター会員

    プレゼンター推薦者:
    渡邉 成久
    渡邉 成久
    エントリー日
    2018年01月15日(最終編集日:2018年01月15日)
    プレゼン名
    「Save Nature, Save Future」CSR・CSV活動サポートのご提案
    ファイルNo
    No.00714

    私たち三菱製紙販売株式会社は、紙製品の専門商社として1912年に創業して以来、100年以上にも及ぶ歴史の中で各種用紙をはじめ多種多様な商品を社会にお届けしてきました。
    近年では「子どもたちの未来を創る Save Nature, Save Future」をキーワードに、森林保護や生物多様性保全、さらには子どもたちへの環境教育にも取り組んできています。

    今回は、その経験を活かした各企業様へのCSR・CSV活動サポートのご提案をさせていただきます。

  • Presenter

    (株)ラーニングデザイン・アソシエーション

    会長

    加藤  弘道

    ビジター会員

    プレゼンター推薦者:
    西澤  民夫
    西澤  民夫
    エントリー日
    2017年12月11日(最終編集日:2018年01月11日)
    プレゼン名
    入社2年目以降の若手社員が、職場で生き生きと成長し、企業価値が向上するマネジメントプログラムツール
    ファイルNo
    No.00711

    入社2年目からの若手社員の、職場でのケアと成長支援は十分にできていますか?入社3年以内に離職する若手社員は、3人に1人に上り、会社の直接的な損失は、一人当たり約1,500万円になります。会社の損失を抑え、若手社員が職場で生き生きと成長できるゲーム感覚のプログラムツールをご紹介します。
    Ⅰ「解決対話リーダーシップツール アカリ イデア」
    なかなか打ち明けられない仕事の課題や悩みを職場の対話で、主体的に解決していきます
    Ⅱ「企業価値向上コミュニケーションツール パチオリ ミュー」
    企業価値向上のコミュニケーションを阻んでいる「4つのカベ」を乗り越えていくことで、企業人として成長していきます

プレゼンボード一覧

上に戻る