1. ホーム
  2. ローマの市場にて
  3. プレゼンボード
  4. ローマの市場にて5月定例プレゼンボード

ローマの市場にて

ローマの市場にて5月定例プレゼンボード

このプレゼンボードは終了しました

開催日時:
2018年05月29日(火) 18時30分 ~ 21時30分
受付開始時間:
18:00
参加費用:
参加費:4,000円
備考:
事前に当Webサイトから「参加登録」をお願いします。

終了しました

ご友人と一緒のご参加も大歓迎です。
皆様奮ってご参加ください。

プレゼンターのご紹介

  • Presenter

    スポーツX株式会社

    高橋 純一

    ビジター会員

    プレゼンター推薦者:
    川口 荘史
    川口 荘史
    エントリー日
    2018年03月29日(最終編集日:2018年05月29日)
    プレゼン名
    プロスポーツクラブ多店舗展開
    ファイルNo
    No.00729

    当社の創業者である小山はスポーツを通じて世界中に笑顔の花を咲かせるために、その核となるプロサッカークラブをまずは故郷の静岡県藤枝市に作ろうと、2009年に(株)藤枝MYFCを創業し創業社長企業として史上初かつ最速である5年でクラブをJリーグクラブとしました。
    スポーツXの事業内容としてはプロスポーツクラブ多店舗展開・経営支援事業/投資事業/人材開発事業です。
    プロスポーツクラブの大量創設・育成、リーダー人材(監督・クラブ経営者)の大量育成、ITを活用したヘルスケア他無数のスポーツ関連事業を次々と展開していきます。投資・支援事業も積極的に行いスポーツ版日本発世界企業をつくります。

  • Presenter

    株式会社エンファクトリー

    代表取締役社長

    加藤 健太

    ビジター会員

    エントリー日
    2018年04月23日(最終編集日:2018年05月28日)
    プレゼン名
    フリーランサーでもなく、企業でもない、「チームランサー」という新しい組織体について
    ファイルNo
    No.00731

    企業には、資金や信用など資本を活かせる利点はありますが、その反面、画一的な業務、「自分事の希薄化」を招きやすく、一方、昨今増加してきているフリーランサーにおいては、自由度は増すものの、単発化や、「仕事や接点の拡がりのなさ」が課題でもあります。
    ここでは、ミッション/プロジェクトに対し、既存の組織の垣根を取り払い、個々人の能力・スキルや経験・知見を集積し、解決に導く、これからの新しい組織体「チームランサー」という考え方や、それを活用できるプラットフォームをご紹介いたします。
    もちろん、エンファクトリーの「専業禁止」という人材ポリシーの背景もご紹介いたします。

  • Presenter

    株式会社アグリペイ

    共同創業者・取締役

    玄 成秀

    ビジター会員

    プレゼンター推薦者:
    西澤  民夫
    西澤  民夫
    エントリー日
    2018年04月30日(最終編集日:2018年05月25日)
    プレゼン名
    日本酒の素晴らしい魅力をまだ知らない人々へ繋いでいく!
    ファイルNo
    No.00732

    アグリペイは、日経主催・農水省後援の起業イベントに端を発して、昨年4月に東京農業大学の学生を中心に設立した農学生ベンチャー企業です。

    我々は、日本酒の魅力を広めるために活動しています。

    日本にある半数以上の酒蔵が東京農大の卒業生とも言われる中で、その在校生が担う役割には大きなものがあります。これまで酒類販売免許の取得(今年2月)、MAKUAKEにて「農学原酒」の販売(目標額の300%を調達)をしました。現在は、事業・資本パートナーを探しており、国内のみならずグローバル市場への販路拡大に向けて活動しております。

    今回のプレゼンでは、
    「どのようにして日本酒を売るか」をご紹介させて頂きます。

  • Presenter

    合同会社オフィス西田

    部長

    西田  純

    ビジター会員

    エントリー日
    2018年03月28日(最終編集日:2018年05月25日)
    プレゼン名
    Future SWOT 社員が見たことを利益に換える方法とは?
    ファイルNo
    No.00728

    10年後の会社について、カードゲームを使って参加者がビジョンを共有したうえで、仮想のSWOT分析までしてしまおうというのがFuture SWOT©です。代替わりに備えて中堅・若手社員の当事者意識を高めるためにデザインされましたが、社員が見たことをビジネスのネタに変換する、いわば「明日のメシネタ発見」に絶大な効果があることがわかりました。さらに社内のコミュニケーションギャップ解消やゴールのイメージ共有、事業承継の準備などさまざまな事案に応用が期待されています。

  • Presenter

    CAC CAPITAL株式会社

    代表取締役 / ジェネラル・パートナー

    前田 卓也

    ビジター会員

    プレゼンター推薦者:
    川口 荘史
    川口 荘史
    エントリー日
    2018年05月21日(最終編集日:2018年05月22日)
    プレゼン名
    イノベーションについて思うこと
    ファイルNo
    No.00733

    私は昨年末からCVCの代表を務めておりますが、それまでは事業会社にて社内新規事業の立ち上げ、M&A、ベンチャー投資など、既存事業活動の延長のみでは獲得し難いものを追い求める活動をしてまいりました。
    そのような背景を踏まえ、現在のファンドや投資先のご紹介と共に、イノベーションについて日ごろ考えていることをお話しさせていただきます。

  • Presenter

    キャップクラウド株式会社

    松永 文音

    ビジター会員

    プレゼンター推薦者:
    渡辺 直樹
    渡辺 直樹
    エントリー日
    2018年04月11日(最終編集日:2018年04月26日)
    プレゼン名
    「働き方」は多い。しかし、会社で認められる「働き方の選択肢」は多くない 
    ファイルNo
    No.00730

    「働き方」の選択肢を広げるための「ツール」を提供してきた弊社が、「スペース」面から働き方の選択肢を広げることに挑戦します。そのスペースとして、富士山の麓に「コワーキングスペース」を開設します。ガラス張りの窓から、富士山というグローバルなアイコンを望める場所です。設計は、東京理科大学 坂牛研究室の方々とつくりあげてきました。ただ場所を提供するのではなく、特許を取得した「入退室情報管理システム」をテレワークと紐づけて、仕組み化をします。開設に向けて、クラウドファンディングという新しいカタチでの資金調達を4/12より開始しました。「働き方の選択肢を広げる取り組み」について、私たちの想いを伝えます。

プレゼンボード一覧

上に戻る