1. ホーム
  2. ローマの市場にて
  3. プレゼンボード
  4. 2013年 8月9日 定例フォーラム

ローマの市場にて

2013年 8月9日 定例フォーラム

このプレゼンボードは終了しました

開催日時:
2013年08月09日(金) 18時30分 ~ 22時00分
受付開始時間:
18:00より受付開始

終了しました

8月定例フォーラムを開催します。 暑い日が続きますが、どうぞ奮ってお越し下さい。

プレゼンターのご紹介

  • Presenter

    株式会社イトーキ

    室長

    町田 年英

    法人正会員

    正会員

    エントリー日
    2013年08月01日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00148

    ・SYNQAをローマ会員に開放したい。まずは社団法人の正会員、法人会員の方を登録可能とする。 ・2013年は会費無料。2014年以降は検討中。

  • Presenter

    公益財団法人 日本自転車競技連盟

    財務経理

    吉井 富美子

    正会員

    正会員

    エントリー日
    2013年08月01日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00147

    ・研究者向事業を展開。研究中心のバイオベンチャー。siRNA固相トランスフェクションという技術を有する。 ・同社では遺伝子研究の時間短縮を図るツールを開発している。 ・遺伝子情報から薬の効きやすさ、副作用、病気になりやすさなどを調べることができる。 ・乳がんの抗がん剤でher2遺伝子を持っている人にしか効かないものがある。(ちなみにロシュではこれを遺伝子検査と薬の二本立てで儲けている。) ・肺がんではイレッサが使われるが副作用でなくなる人多いが劇的に効く人もいる。 ・HIV感染症治療薬では、適切な発症予防薬のカクテル利用で発症の抑制や、感染しにくくすることも可能となっている。 ・新規製品開発では様々な会社と提携して進めている。またグラクソスミスクラインのスピンアウトベンチャーを100パーセント子会社化した。 ・オープンイノベーションは時間を買う。営業、経営、マーケティングの支援を希望。

  • Presenter

    株式会社コモンズ

    代表取締役

    柳下 勝美

    ビジター会員

    エントリー日
    2013年08月01日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00146

    ・UCLAで国際開発学を学ぶ。 ・フェアトレードの考えを実践するために起業した。 ・生産者の隣でニーズ、デザイン、販路を提供し協業していきたい。 ・ダウニーをきっかけに香りに対する見方が変わってきた。 ・エッセンシャルオイル(精油)事業ではBtoCは飽和状態。精油は天然のもので差別化が難しい。 ・業務用用途なら市場参入チャンスがあると考えた。現状調査してみたところ業務用ディフューザーは高価、サイズが大きい、拡散力は高いが精油の使用量も多い。 ・このため、ニーズがあっても断念しているビジネスユーザーは多いかもしれない。ブルーオーシャンではないか?と感じた。 ・そこで、どこでも置けるシンプルなデザイン、価格は従来の1/10、拡散力は高いが精油使用量少ないプロトタイプを7月に完成。アプローチした14法人中、12法人で受注した。 ・販売協力していただける先を希望。

  • Presenter

    (株)ヒューリンクス

    技術顧問

    福重 青史

    ビジター会員

    エントリー日
    2013年08月01日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00145

    ・同社はXMLドキュメントに関わるビジネスを15年間続けてきた。 ・新旧文書比較ソフトは新旧文書の差異を瞬間的に検出するソフト。 ・ゆうちょ銀行の入札指定商品になった。 ・文書の変更箇所を的確に表示することができる。 ・驚異的な比較精度を達成できる。100社2000ライセンスが導入されている。 ・画像チェックも可能。 ・金融庁検査、製薬会社等での新薬開発で活用されている。 ・新旧対照表の提出が義務付けられている業界などでは効果が大きい。

  • Presenter

    株式会社アドバンスト・メディア

    代表取締役会長兼社長

    鈴木 清幸

    ビジター会員

    エントリー日
    2013年08月01日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00144

    ・音声認識エンジン amivoiceの開発販売を手掛ける。 ・音声認識に人口知能を搭載、形態素に分け意味付けしている。 ・タマホームのコマーシャルでも活用されている。 ・手入力画面に加えて、音声認識エンジンを搭載した予約システム等が増加中。 ・分野は医療、議事録、モバイル、コールセンター、ビジネスソリューション、エンタメの6分野に特化。 ・医療分野での導入実績は4280施設以上が導入。画像を見ながら分析レポートが音声入力できる製品はオンリーワンである。議事録ではシェア70%以上でNo.1となっている。 ・昨年よりクラウドサービス展開をしている。クラウドサービスを展開する企業でサービスのコミュニケーションレベルをあげることに利用して欲しい。

  • Presenter

    株式会社グローバルスクエア

    CEO

    遊亀源太郎

    ビジター会員

    エントリー日
    2013年08月01日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00143

    ・クラウドエージェンシーとしてマーケティング業界マッチングサイトを2013年冬にリリースする予定。アメリカではDozという企業で実績がある。 ・最近、在宅勤務の人数が増加中。在宅勤務が16パーセントというデータも。 ・クラウドソーシングとは、非対面業務委託のこと。広義では不特定多数、非対面、共同でプロジェクト単位の仕事をこなしていくという考え方。 ・米国ではこの考え方を取り入れた事例が多数ある。大企業、政府、官公庁でも取り入れはじめている。 ・クラウドソーシングのプレイヤーは特化型、総合型とも増加中。 ・マーケットサイズは2020年には1兆円の市場になるといわれている。 ・クラウドソーシングによって低価格でプロフェッショナルを集めることができる。 ・マーケティング市場は巨大であるが、資本金1億円以下の企業には大手広告代理店の営業はついていない。この層に対して専門家のサービスを低価格で提供していく予定。

プレゼンボード一覧

上に戻る