1. ホーム
  2. ローマの市場にて
  3. プレゼンボード
  4. 2013年 10月30日 定例フォーラム

ローマの市場にて

2013年 10月30日 定例フォーラム

このプレゼンボードは終了しました

開催日時:
2013年10月30日(水) 18時30分 ~ 22時00分
受付開始時間:
18:00より受付開始

終了しました

10月定例フォーラムを開催します。 どうぞ奮ってお越し下さい。

プレゼンターのご紹介

  • Presenter

    観世流能楽師

    武田 文志

    ビジター会員

    エントリー日
    2013年10月17日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00168

    ・能のデモンストレーション実施。 ・能をいろいろな面で興味をもっていただきたい。

  • Presenter

    M-SOLUTIONS株式会社

    取締役

    植草 学

    ビジター会員

    エントリー日
    2013年10月17日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00167

    ・M-SOLUTIONSはソフトバンクテクノロジーの子会社。スマフォ、タブレットのソリューション提供している。 ・モバイルパーフェクトSPは100円でスマートフォンを使えるサービス。9つのサービスを提供中。 ・安否確認はキャセイパシフィックで使われている。 ・営業レポート運営はプラスで使われている。 ・勤怠管理はGPS連動で場所も把握可能。 ・アンケート調査をiPADで行うことができる。エネオスが利用。 ・SMART ATはiPADで行う簡単な見積もり作成システム。テクノブラッド社ではそれまで、本社に見積もり作成依頼していたが、現場で担当者が作成できるようになり、効率化された。

  • Presenter

    株式会社masterpeace

    代表取締役社長

    磯部 純一

    ビジター会員

    エントリー日
    2013年10月17日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00166

    ・次世代出版ソリューション ・電子書籍と印刷書籍を同じ編集で出版をおこなう。 ・編集エンジンによりデジタル化。デジタル化したのちに電子出版やPOD(Print on demand)で出版する。 ・Amazonのセンターに機械をおき、在庫をもたずに、紙媒体が販売できる。初期投資、採算コストが非常に。バージョン管理機能もあり。 ・在庫を持たずに紙の出版を行うことができる。 ・インプレスR&Dとの共同事業で進めている。 ・良書としてのライブラリー化を進めていきたい。 ・出版化できる情報提供いただけるパートナーを求めています。

  • Presenter

    株式会社エクスフォーメーション

    統括部長

    慶長 久和

    ビジター会員

    エントリー日
    2013年10月17日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00165

    ・50歳以上をグランドジェネレーション、略して「グラジェネ」とネーミング。 ・2012年4月以降、団塊世代の大量退職が発生している。彼らは定年後も仕事がしたい。 ・団塊世代が若者文化を作った。今度は大人文化を作っていきたい。 ・グランドジェネレーションはスポンサー、働き先、をカギに運営する。 ・大人のSNSをベースに展開を拡大していきたい。 ・企業スポンサーは 年間120万円。リタイヤする人の受け皿として活用する。 ・商材提供企業は 営業商材の提供。グラジェネのネットワークを活用し、拡販する。 ・個人は登録し、営業代行として働いてもらう。インディペンデントコントラクター。得た収入の30%管理費として徴収する事業モデル。 ・7年後のオリンピックにかけて、グランピックを開催したい。 ・ビジネスパートナーを求めています。

  • Presenter

    独立行政法人産業技術総合研究所

    研究センター長

    夏目 徹

    ビジター会員

    エントリー日
    2013年10月17日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00164

    ・ライフサイエンスの現場では非常に専門性が高い。 ・5年前から安川電機のロボットを改良するプロジェクトを開始した。 ・微妙な力加減も再現されており、人間の力加減を上回る。 ・ロボットには関節が7つある。肘の動きを再現できるのでフタを開けられる。 ・遺伝子増幅実験を例にとると非常に微妙な作業を簡単にできる。 ・手作業では不可能だった実験が可能になる。 ・大学等でこのロボットの導入が進んでいる。 ・日本、米国、欧州に拠点をもって展開している。

  • Presenter

    株式会社エディラインソリューションズ

    代表取締役

    松田 吉広

    ビジター会員

    エントリー日
    2013年10月17日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00163

    ・次世代タクシーの自治体導入コンサルタント。 ・日産でテストドライバーを10年間経験後、エンジニアとなり官公庁との技術渉外折衝を担当。日産を退職後、起業しアントレプレナーとなった。 ・超高齢化社会に生活移動弱者をつくらないのが目標。 ・産官学で研究開発。NYの新型タクシーがベース。 ・日本でもUD(Universal Design)タクシーは800台走っている。 ・UDタクシーは誰でも利用できる。京都のタクシー会社では20台導入しているが、舞妓さんがリピーター。乗り降りが楽だから。 ・京都のタクシー会社では20台導入されており、舞妓さんがお得意様。 ・タクシーの壁面は移動型広告宣伝媒体につかえる ・60万円の初期補助金が助成される。 ・国家プロジェクトでは2020年までに28,000台の導入を目指している。 ・市民と市町村と企業病院とタクシー会社をつなぐコミュニケーションデザインでビジネスモデル特許を出願済み。

  • Presenter

    (株)アットマーク・ラーニング

    代表取締役

    日野 公三

    ビジター会員

    エントリー日
    2013年10月17日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00162

    ・発達障害は小中学生全体の6.5%といわれている。 ・1999年創業。 ・不登校問題に取り組んでいたのが起業のきっかけ。 ・3校を運営している。3校あわせて620名。 ・特区では市町村が認可者になる。 ・アットマーク国際高校は卒業生900名。 ・作家の東田直樹氏も同校の卒業生。 ・通信制では全国NO1の大学合格実績がある。 ・年に1回3泊4日のスクーリングが必須。 ・品川にサポートセンターを開設している。 ・様々なサポートを期待しています。

  • Presenter

    飯田ヂーゼル株式会社

    取締役部長

    吉川 利雄

    ビジター会員

    エントリー日
    2013年10月17日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00161

    ・未利用森林資源でディーゼルエンジンの発電を目指す。焼却しない、co2削減 カーボンニュートラル。ディーゼルにも利用可能 ・2005年に長野市に木質バイオマス発電所を完成。煙がでるものは住民の理解得られにくい。 ・KDVプロセスとは無圧触媒解重合プロセスのこと。あらゆる有機物を軽油燃料に変換する。 ・超活性力のある触媒を開発し、炭素を切断し、再結合する。 ・ドイツではススキを原料とした油を作っていた。 ・炭化水素を含む有機物、焼却対象物はすべて油化できる。 ・生成された油は良質。原価も製造コストも50円/リットルで生成でき、安価。 ・大震災の被災地ではガレキが放置されている。 ・たちはだかる壁の一つは、バイオディーゼルは軽油に5%しか混入できないとする規制があるため、日本では公道での利用ができないこと。 ・あらゆる面での支援をお願いしたいと思います。

プレゼンボード一覧

上に戻る