1. ホーム
  2. toJOIN会員一覧
  3. 石山 喜章 様

プロフィール

お名前
石山 喜章(イシヤマ ヨシアキ)
所属・会社名
株式会社CCO
部署
役職名
代表取締役
業種
教育関連
職種
アドバイザー・コンサル
仕事内容
心を経営する組織開発コンサルティング
当会への紹介者
鷺 宏行 Introducer
会員種別

ビジター会員

性別
男性
生まれ年
1977年
会員登録日
2014年09月03日
出身フォーラム
井戸の端なら
紹介した人数
10人
経歴または仕事詳細
▼事業内容 -組織開発・研修・コーチング-
・組織開発(経営理念の浸透、風土改革、メンタル予防)
・階層別研修(法人営業、管理職、次世代リーダー)
・テーマ別研修(人間力・人間関係力、チームビルディング)
・コーチング(B2C営業の契約率UP、目標達成、部下の指導法)
・ワークショップ(ゲームを使った社内交流の活性化)
・人事制度の設計(職務定義書、査定ルール、給与テーブルなど)
一言メッセージ
企業が賃金を支払っても社員のモチベーションは上がらず、国が財政出動しても雇用は増えず、中央銀行が資金供給量を増大しても景気が上向かない現代、もはやお金の力だけで未来に希望を創ることは難しくなってきました。

今の時代に必要とされているのは、人の心を動かす力です。

資本主義の中心価値はお金ですが、人本主義の中心軸は人間力・人間関係力です。自分に協力してくれる仲間が何人いるのか?本音を話せる友達が何人いるのか?困ったとき、いざというときに頼れる人が何人いるのか?自分の存在に価値を感じてくれる人がどれだけいるのか?その人の人間力と人間関係力が未来を決める力になります。

当社は、人間力・人間関係力の向上を通して、自分自身の心を経営できる人材を育成し、人と組織の問題を無意識の構造(メカニズム)で整理することで、あらゆる問題を根本原因から解決できる社会の実現を目指しています。

21世紀は、所有する貨幣の量ではなく、共有するビジョンと関係性の質が人生の豊かさを決定します。

資本主義から人本主義に社会プレートが変革していく今、どんな条件・状況・環境にも揺るがない心の平和と信頼の関係を築こうとする個人と組織に、少しでも貢献してゆくことができれば幸いです。

プレゼンボード(申し込み中)

現在申し込み中のプレゼンボードはありません。

プレゼンボード(参加済)

フォロー中のフォーラム8

  • プレゼンター自薦

    実施日
    未定
    開催フォーラム
    すべてのフォーラムでプレゼン可能
    プレゼンボード名
    未定
    エントリー日
    2015年02月13日(最終編集日:2015年02月13日)
    プレゼン名
    人間力・人間関係力を向上させる
    ファイルNo
    No.00343

    人間力・人間関係力とは何か?を明確に定義した研修プログラム。
    トヨタGや遺伝子検査のベンチャーFINCで実施し「本質的なのにシンプル」と好評。

    漠然としたヒューマンスキル開発を科学的に解かり易くサポートします。

終了したプレゼンテーション

  • プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    大関 暁夫
    大関 暁夫
    実施日
    2016年03月15日
    開催フォーラム
    井戸の端なら
    プレゼンボード名
    潜在意識の見える化でコミュニケーションを活性化する
    エントリー日
    2016年02月29日(最終編集日:2016年03月15日)
    プレゼン名
    潜在意識の見える化でコミュニケーションを活性化する
    ファイルNo
    No.00560

    氷山の下に埋もれた99%の潜在意識を5階層で整理するイメージをお伝えし、身近な人と遊びながら深い対話ができる「対話するトランプ」を体験して頂くことで、実際に”見知らぬ自分”に出会う楽しさを感じて頂きます。

  • プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    鷺 宏行
    鷺 宏行
    実施日
    2015年01月30日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    新春!!ローマの市場にて1月定例フォーラム
    エントリー日
    2015年01月19日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00285

    トヨタG幹部のコーチング&企業研修を手掛ける組織開発コンサルティング企業。社員の無意識・潜在意識を病院のカルテのように見える化する独自メソッドで、ベンチャー企業の売上を1年で2倍にし、大企業でも14%のコスト削減を実現。人材育成における本質をあいまいにせず、明確に定義する科学的アプローチが理系企業に好評を博す。代表はlivedoorのネットメディア事業部をゼロから立ち上げて600名のマネジメント、社内紛争の解決などをしていた元幹部。BBT大学、人事の大学、明治大学、関西大学、埼玉大学などでも講師を務め本質深くに迫るアプローチには定評がある。

上に戻る