1. ホーム
  2. toJOIN会員一覧
  3. 西田  純 様

プロフィール

お名前
西田  純(ニシダ ジュン)
所属・会社名
合同会社オフィス西田
部署
営業部
役職名
部長
業種
コンサルティング/リサーチ/ 専門事務所
職種
経営職
仕事内容
企業の海外展開・環境技術移転を中心としたコンサルティング
当会への紹介者
中込 知野 Introducer
会員種別

正会員

正会員

性別
男性
生まれ年
1959年
会員登録日
2015年01月22日
出身フォーラム
ローマの市場にて
紹介した人数
2人
経歴または仕事詳細
新日鉄(1983-91)、国連工業開発機関(1992-2007)を経て独立。民間企業コンサルタント数社へのコンサルティングの他、国際協力機構、欧州復興開発銀行、国連工業開発機関などでコンサルタントの実績多数。
一言メッセージ

プレゼンボード(申し込み中)

プレゼンボード(参加済)

フォロー中のフォーラム4

  • プレゼンター他薦

    プレゼンター推薦者:
    大友  敬
    大友  敬
    実施日
    未定
    開催フォーラム
    すべてのフォーラムでプレゼン可能
    プレゼンボード名
    未定
    エントリー日
    2015年02月14日(最終編集日:2015年03月03日)
    プレゼン名
    カンボジアの人材事情について
    ファイルNo
    No.00344

    2014年まで足かけ5年にわたり、カンボジア日本人材開発センターでビジネス講師を務めたプレゼンターが、日系企業の進出が相次ぐカンボジアの現地産業人材について最新事情をお伝えします。進出をご検討されている企業様には必見の情報です。

終了したプレゼンテーション

  • プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    大関 暁夫
    大関 暁夫
    実施日
    2017年08月23日
    開催フォーラム
    井戸の端なら
    プレゼンボード名
    納涼!ミニプレゼン大会
    エントリー日
    2017年08月03日(最終編集日:2017年08月04日)
    プレゼン名
    Future SWOT©のご紹介
    ファイルNo
    No.00667

    企業の経営環境が不透明性を増す中で、長期の将来像をどのように考えるべきか、SWOT分析を応用した人材育成面からのソリューション「Future SWOT©」をご提案します。戦略策定プロセスをなぞることで、事業継続性に配慮した長期の戦略見通しを立てる方法です。特に金融機関においては、クライアント企業の事業性評価にも応用いただけます。

  • プレゼンテーション済

    実施日
    2016年12月14日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて12月定例プレゼンボード
    エントリー日
    2016年10月14日(最終編集日:2016年11月25日)
    プレゼン名
    環境ビジネスの国際化を支援します
    ファイルNo
    No.00632

    パリ協定の前倒し発効など、いまほど国際社会が有効な対策を求めていることは歴史上ありませんでした。なのに「技術は世界一」と言われる日本の環境産業は、国内志向が強かった過去も災いして思ったほど世界で活躍できていません。日本の環境技術が世界に出るためには何が必要なのか、目からウロコのノウハウの一端をご紹介します。

  • プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    大関 暁夫
    大関 暁夫
    実施日
    2016年07月28日
    開催フォーラム
    井戸の端なら
    プレゼンボード名
    納涼!ミニプレゼン大会
    エントリー日
    2016年06月07日(最終編集日:2016年07月19日)
    プレゼン名
    ビジネスシミュレーションサービスをご提案します!
    ファイルNo
    No.00589

    新規事業の企画はなかなか先が見通せないもの。予想される財務データを組み合わせてモデルを作り、投資金額、為替や売上高、運転資本や操業コストをあれこれいじって財務的なシミュレーションをしてみませんか?予想財務諸表、損益分岐点や内部収益率をはじめ、設備投資・売上高・操業コストと収益性の感度分析なども出力できます。同業他社との比較コンサルもおつけします!

  • プレゼンテーション済

    実施日
    2015年03月18日
    開催フォーラム
    ジャンプインアジア
    プレゼンボード名
    3月18日(水)開催 ジャンプインアジア交流会
    エントリー日
    2015年03月03日(最終編集日:2015年03月03日)
    プレゼン名
    カンボジアの人材事情について
    ファイルNo
    No.00389

    2014年まで足かけ5年間カンボジア日本人材開発センターで講師を務めた実績に基づき、最新の現地人材に関する事情について紹介します。カンボジアでは2011年以降日系企業の進出が相次ぎ、それまで安定的に40社程度だったカンボジア日本商工会も現在では約150社まで拡大しています。2014年にはプノンペンにイオンモールが開店し、それまでの製造業に加えて小売業の進出も相次いでいます。2015年内のASEAN資本市場統合を契機として、ASEANへの関心が高まる中で注目されるカンボジアの産業人材について最新事情を紹介します。プレゼンターに関する情報は http://fs-consultant.net/

上に戻る