1. ホーム
  2. toJOIN会員一覧
  3. 教来石 小織 様

プロフィール

お名前
教来石 小織(キョウライセキ サオリ)
所属・会社名
特定非営利活動法人CATiC
部署
役職名
業種
教育関連
職種
芸術/芸能/運動
仕事内容
当会への紹介者
亀山 暢央 Introducer
会員種別

ビジター会員

性別
女性
生まれ年
1981年
会員登録日
2015年03月26日
出身フォーラム
ローマの市場にて
紹介した人数
0人
経歴または仕事詳細
一言メッセージ

終了したプレゼンテーション

  • プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    石井 春野
    石井 春野
    実施日
    2016年09月01日
    開催フォーラム
    手のひらコトの葉
    プレゼンボード名
    (女性限定)手のひらコトの葉 第16回 プレゼンボード
    エントリー日
    2016年08月23日(最終編集日:2016年08月30日)
    プレゼン名
    途上国の子どもたちへの移動映画館を持続させる仕組みづくりについて
    ファイルNo
    No.00614

    カンボジアの子どもたちを対象に、移動映画館を行っています。現地で「映画配達人」を雇い、2万人以上の子どもたちに映画を上映してきました。
    カンボジアでの活動と、移動映画館を続けるために国内で行っている事業についてお話させていただきます。

  • プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    渡邊 龍男
    渡邊 龍男
    実施日
    2016年08月23日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて8月定例プレゼンボード
    エントリー日
    2016年07月14日(最終編集日:2016年08月23日)
    プレゼン名
    途上国での移動映画館!~持続させる仕組みづくり~
    ファイルNo
    No.00605

    カンボジアの二州に拠点を置き、カンボジア人の「映画配達人」と共に、村の学校や広場で移動映画館を行っています。
    観客動員数は、以前「ローマの市場にて」でお話させていただいた2015年5月時(お世話になりました…)は2,000名程度でしたが、現在20,000人を超えました。

    この活動を今後持続させていくための仕組みづくりについてお話させてください。

  • プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    渡邊 龍男
    渡邊 龍男
    実施日
    2015年07月09日
    開催フォーラム
    手のひらコトの葉
    プレゼンボード名
    (女性限定)手のひらコトの葉 第3回 プレゼンボード
    エントリー日
    2015年06月25日(最終編集日:2015年06月25日)
    プレゼン名
    途上国に映画で夢の種をまきたい
    ファイルNo
    No.00465

    私は子どもの頃、刑事の映画を観たら刑事になりたい、魔女の映画を観たら魔女になりたいなど、映画からたくさんの夢をもらってきました。
    途上国にホームステイをした20才の時、電気がない地域に住む子どもたちの職業の選択肢が少ないことに気付きました。知らない夢は思い描くことができません。もしも子どもたちが映画を観て様々な世界を知ったら、どんな夢を描くのだろう。私の夢は、生まれ育った環境に関係なく、子どもたちが夢をもち人生を切り拓ける社会をつくることです。
    そのために、カンボジア農村部に映画を届ける「映画配達人」を100人生み出したいと思っています。

  • プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    亀山 暢央
    亀山 暢央
    実施日
    2015年05月29日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて5月定例プレゼンボード
    エントリー日
    2015年03月26日(最終編集日:2015年05月27日)
    プレゼン名
    途上国に映画で夢の種をまきたい
    ファイルNo
    No.00409

    私は子どもの頃、刑事の映画を観たら刑事になりたい、魔女の映画を観たら魔女になりたいなど、映画からたくさんの夢をもらってきました。
    途上国にホームステイをした20才の時、電気がない地域に住む子どもたちの職業の選択肢が少ないことに気付きました。知らない夢は思い描くことができません。もしも子どもたちが映画を観て様々な世界を知ったら、どんな夢を描くのだろう。私の夢は、生まれ育った環境に関係なく、子どもたちが夢をもち人生を切り拓ける社会をつくることです。
    そのために、カンボジア農村部に映画を届ける「映画配達人」を100人生み出したいと思っています。

上に戻る