1. ホーム
  2. toJOIN会員一覧
  3. 田中 時宗 様

プロフィール

お名前
田中 時宗(タナカ トキノリ)
所属・会社名
CenterPole株式会社
部署
役職名
代表取締役
業種
人材サービス/アウトソーシング/コールセンター
職種
教育
仕事内容
障害者アスリート、企業とのマッチング事業
当会への紹介者
横原 義人 Introducer
会員種別

ビジター会員

性別
男性
会員登録日
2015年07月07日
出身フォーラム
Sports+ONE
紹介した人数
0人
経歴または仕事詳細
1987年11月14日生
北海道札幌市出身
東海大四高校
中央大学 
13年アルペンスキー選手として活動し大学を卒業、都内でサラリーマン3年の経験を経て独立し現在に至ります。


パラリンピック、世界大会で活躍するトップ障害者アスリート20名のサポート、マネジメントを行ってます。
www.centerpole-japan.com
■事業内容■
障害者アスリートの講演会ゲストサービス
障害者アスリートマッチング事業
障害者アスリートサポート、マネジメント事業
障害者スポーツイベント企画、運営
スポーツチームの運営
一言メッセージ
2020年の東京五輪開催が決定し、オリンピックだけではなくパラリンピックにも以前と比較し関心が高まってきました。
しかし、障害を持つアスリートに対して『体にハンデを持って頑張る人』と同情を誘うような報道ばかりが先行しているのが現状です。
アスリートとして障害のハンデと競技に立ち向かっている姿は、スポーツ以外のシーンでも多くの学びと発見を与えてくれます。
彼らアスリートが怪我やハンデ、競技を通じて得た経験を共有し、障害の有無に関わらず一緒に熱くなれる社会を創造してまいります。

プレゼンボード(申し込み中)

現在申し込み中のプレゼンボードはありません。

プレゼンボード(参加済)

フォロー中のフォーラム1

終了したプレゼンテーション

  • プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    横原 義人
    横原 義人
    実施日
    2015年07月15日
    開催フォーラム
    Sports+ONE
    プレゼンボード名
    2015年 7月 定例 プレゼンボード
    エントリー日
    2015年07月07日(最終編集日:2015年07月09日)
    プレゼン名
    障害者スポーツの現状と社会進出
    ファイルNo
    No.00474

    『立ち向かうべき障害はカラダだけじゃない』
    日本は世界的に見てもパラリンピックの認知度は決して低いものではありません。
    ところが日本の障害者スポーツを取り巻く環境には今だ多くの改善の余地が残されています。
    ハード面のバリアフリーだけではなく、ソフト面のでバリアフリーは特に課題が多く、スポーツ以前に障害を持つ方とのリアルな接点が未だに希少な状況です。
    障害者アスリートをアスリートとして認められるためには私たちがすべきこと、選手がすべきことを発信させていただきます。

上に戻る