1. ホーム
  2. プレゼンター一覧
  • 株式会社フィル・カンパニー

    代表取締役社長

    高橋伸彰

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    渡邊 龍男
    渡邊 龍男
    実施日
    2014年10月23日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて10月定例フォーラム
    エントリー日
    2014年10月14日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00260

    一橋大学商学部経営学科卒業。金融機関、会計事務所等の勤務を経て、2005年6月(株)フィル・カンパニー設立。(会社HP:www.philcompany.jp)「駐車場の“空中”から始まる無限の可能性」をコンセプトに、駐車場の未利用上部空間を活用した、空中店舗「フィル・パーク」事業を展開。(商品HP:www.philpark.jp)現在、東京都内を中心に約50箇所、名古屋、関西、福岡へも展開中。近年中に株式公開、そして2020年までに全国1000箇所への展開を予定。土地所有者、空間利用者、地域の人々が共に幸せを享受(Phil=共存共栄)できる空間を創ることで、駐車場から“まち”を活性化します。

  • Presenter

    健康総合研究所

    最高顧問

    谷田大輔

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2013年11月20日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    2013年 11月20日 定例フォーラム
    エントリー日
    2013年11月08日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00176

    ・健康分野を拡大するのが目標。 ・人間70%水分。良い水を継続して飲むことが重要。 ・水道水を安全安心、健康に良い美味しいミネラル還元水にする装置。セシウムもほとんど除去可能 ・農薬もこのミネラル還元水につけておくと除去できる。 ・フィルターには沖縄のサンゴを利用。ミネラルを付加した美味しい水になる。 ・ウォーターサーバー事業は水を運ぶコストがかかっている。このモデルは半年に1回フィルター交換のみでOK。 ・10万円で代理店契約可能。3割引で販売、2割マージン。

  • Presenter

    株式会社タナカ技研

    代表取締役

    田中俊次

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2013年11月20日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    2013年 11月20日 定例フォーラム
    エントリー日
    2013年11月08日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00175

    ・埼玉、香港、中国に工場がある。 ・光学製品製造、精密切断加工が主たる業務。 ・赤外線のカットフィルターは月産2000万ピースを製造している。 ・これらは携帯電話のカメラに実装されている。 ・リーマンショック時には売上が80%ダウンして苦労した。 ・国内の補助金制度でかなり助かった。 ・ドイツ、オランダではフランフォーファーという制度があり便利。

  • Presenter

    株式会社INNOVA GLOBAL

    代表取締役

    木下 京子

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2013年09月19日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    2013年 9月19日 定例フォーラム
    エントリー日
    2013年09月08日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00158

    ・2006年起業。もともとはトヨタでカラーデザインを行っていた。 ・ミッションは「いいアイデアを爆発させる」こと。 ・2010年、楽天で30商品中20商品がNO1になった。 ・ラプソルは衝撃吸収フィルム、モージーは携帯用の充電ケーブル。 ・事業開始時に手掛けたオリジナルブランドは失敗。いろいろなスマートフォンに対応させようとしたが、マーケットリーダーになれなかった。規模の差、生産管理の不備もあった。 ・iPhoneアクセサリーに特化し、ニッチ市場でオンリーワンを目指した。価格競争力をつけ、ローカライゼーションも行った(パッケージの変更等) ・膨れ上がったコスト、物流コスト等を削減。人件費30%カット、家賃40%カット、物流費20%カットで復活。スタッフとのコミュニケーションも密にした。 ・2013年8月期は125%成長を達成。新しい挑戦としてリアル店舗も開店。

上に戻る