1. ホーム
  2. プレゼンター一覧

プレゼンター一覧

  • 総合商社金属資源本部、NPO Class for Everyone(理事)

    日野雄介

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2014年05月14日
    開催フォーラム
    ジャンプインアジア
    プレゼンボード名
    ジャンプインアジア交流会
    エントリー日
    2014年05月07日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00295

    立教大学卒業。NPO法人Class for Everyone理事。在学中にフィリピンに3週間×5回滞在し主に植林活動に携わる。NPO法人Class for Everyoneに理事として参画。ラオス山岳地帯に住む少数民族の児童生徒が学ぶ学校に初めてのパソコンを導入するプロジェクトなども行っている。 【Class for EveryoneのHP】 http://class4every1.jp/

  • Presenter

    合同会社GCMP

    代表社員

    薄井 大地

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2014年05月14日
    開催フォーラム
    ジャンプインアジア
    プレゼンボード名
    ジャンプインアジア交流会
    エントリー日
    2014年05月03日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00294

    2012年早稲田大学政治経済学部卒。バングラデシュへの学生・社会人派遣プログラムを現地NGO・グラミンコミュニケーションズと協働で行っている。今回は、①バングラデシュでのソーシャルイノベーション事例紹介、②途上国における「Learn by Doing」の意義と効果についてお話いただきます。 【合同会社GCMPのHP】http://www.gcm-p.com/

  • Presenter

    オ・ライ・ティモールの会

    副会長 (ソプラノ歌手)

    宮良 多鶴子

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2014年05月14日
    開催フォーラム
    ジャンプインアジア
    プレゼンボード名
    ジャンプインアジア交流会
    エントリー日
    2014年04月21日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00292

    沖縄県出身のソプラノ歌手。インドネシアから独立(2002年)した東ティモール共和国グスマン首相の招待を受け、2008年に国家行事で歌を披露。繰り返し渡航し、地方の貧しい村、孤児院の子ども達への支援を続ける。2010年、東ティモール支援グループ「オ・ライ・ティモールの会」を組織し副会長就任。2011年より支援に加え、人材育成のための人的交流を行っている。 【オ・ライ・ティモールの会HP】http://o-rai-timor.org/ 【宮良多鶴子公式HP】http://tazuko-miyara.com/ 今回は「途上国支援における、官と民とのWin Winの関係」というテーマで、①東ティモールの紹介、②東ティモールの現状、③人材育成の重要性についてお話頂き、最後に歌を披露いただきます。

  • Presenter

    SRCSインターナショナル株式会社

    代表取締役

    佐々木 扶美

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2014年05月14日
    開催フォーラム
    ジャンプインアジア
    プレゼンボード名
    ジャンプインアジア交流会
    エントリー日
    2014年04月20日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00291

    津田塾大学卒業。2004年タイへ渡り、バンコクでの日系金融会社勤務などを経て、現在は不動産運営管理会社、資産運用・税務コンサルティングを行う会社を各1社経営。不動産部門では、個人投資用にはカンチャナブリの土地の代理購入で行う資産運用プロジェクトを運営、法人へはタイ全国の事業用地手配を行う。 また、保険・財務部門ではタイの保険を活用した、税金、資産運用のコンサルティング業務を行う。 【会社のHP】www.aseanlandbanking.com 数年前より、タイ各地の公立小学校、幼稚園などへの支援活動を行っている。そこから見えるタイの子供たちを取り巻く現状について、お話しいただきます。

  • Presenter

    CSRコンサルタント

    安藤光展

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2014年05月14日
    開催フォーラム
    ジャンプインアジア
    プレゼンボード名
    ジャンプインアジア交流会
    エントリー日
    2014年04月20日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00290

    ジャンプインアジア交流会 5月例会の共同開催者。 中国やシンガポールでの環境問題、インドのCSR(企業の社会的責任)関連法案施行、アジアの開発途上国における人権問題、格差問題(貧困問題)など、アジアにはビジネス環境にも大きな影響力をもつ社会問題が多数存在します。今回は、注目が集まる「ソーシャルグッド(社会貢献)」領域の活動についてのプレゼンテーションを集めました。アジアのソーシャルグッドを理解し、ビジネスにおけるチャンスとリスクを可視化し、ビジネスに活かしましょう。 【参照サイト】 http://andomitsunobu.net/ http://csr-biz.net/ 【最新著作】 『この数字で世界経済のことが10倍わかる ~経済のモノサシと社会のモノサシ~』技術評論社(2014年1月刊)

  • Presenter

    株式会社CCO

    代表取締役

    石山 喜章

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    鷺 宏行
    鷺 宏行
    実施日
    2015年01月30日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    新春!!ローマの市場にて1月定例フォーラム
    エントリー日
    2015年01月19日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00285

    トヨタG幹部のコーチング&企業研修を手掛ける組織開発コンサルティング企業。社員の無意識・潜在意識を病院のカルテのように見える化する独自メソッドで、ベンチャー企業の売上を1年で2倍にし、大企業でも14%のコスト削減を実現。人材育成における本質をあいまいにせず、明確に定義する科学的アプローチが理系企業に好評を博す。代表はlivedoorのネットメディア事業部をゼロから立ち上げて600名のマネジメント、社内紛争の解決などをしていた元幹部。BBT大学、人事の大学、明治大学、関西大学、埼玉大学などでも講師を務め本質深くに迫るアプローチには定評がある。

  • Presenter

    ハイブリッドパートナーズ

    代表取締役

    畠中一郎

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    西澤  民夫
    西澤  民夫
    実施日
    2014年10月23日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて10月定例フォーラム
    エントリー日
    2014年10月14日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00266

    新規事業投資ならびに事業再生コンサルティングを主な業務として、PwCの事業再生チームの主要メンバーが中心となって、2006年設立。コンサルティング活動に関しては、製造業、テレコム系など幅広い分野にわたり、中堅から大手の顧客を相手に主に、M&A戦略(主にクロスボーダー)、新規事業戦略策定・実行支援のほか、組織再編、経営力強化などを手掛ける。一方、中小企業向けに海外市場(アジア、欧米)開拓の戦略策定はもちろんのこと、実務に深くかかわった支援を展開している。また、最近ではグローバル人材育成を基本テーマとして、個別企業向けに若手、マネジメントレベル向けの研修プログラムの策定、実施を手掛けている。

  • Presenter

    有限会社ストロベリーフィールズ  一般社団法人アグリドリームニッポン

    代表  代表理事

    遠藤健二

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    原 誠 
    原 誠 
    実施日
    2014年10月23日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて10月定例フォーラム
    エントリー日
    2014年10月14日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00262

    代表の遠藤が1999年、新規就農で始めた、イチゴ生産法人。高品質のイチゴで百貨店やネット販売で高い評価を得ている。全国で数少ない白イチゴの栽培も行っている。人材育成にも力を入れ、これまでに全国に多くの卒業生が独立就農している。一般社団法人 アグリドリームニッポン 農業者目線、農業者発をコンセプトに、農業者が繋がり支援し合う為に立ち上げた。農業者同士、また、作る人・流通する人・料理する人・食べる人が繋がることにより、先人から受継いでき故郷、大切な物を次の世代に受継いでいく。農業者が夢を描き、語り、挑戦する「世界農業ドリームプラン・プレゼンテーション」を核に、夢から事業化への橋渡し、サポート、農業と企業の最適マッチング、共創を通じて、日本のみならず、アジアや世界各地の農村の振興をめざす。

上に戻る