1. ホーム
  2. プレゼンター一覧

プレゼンター一覧

  • Presenter

    株式会社 日立製作所

    部長

    竹島 昌弘

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2018年01月29日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて1月定例プレゼンボード
    エントリー日
    2018年01月16日(最終編集日:2018年01月17日)
    プレゼン名
    イノベーティブ農業
    ファイルNo
    No.00717

    実家(山口県の田舎)では、自宅前の大きな畑で野菜はほぼ自給自足し、現在の会社に入ってから暫く、生鮮流通(卸売市場、産直システム開発など)に関わる仕事をしてきました。
    これまでの経験、体験を踏まえて、農業が抱える様々な問題を整理したとき、これらをイッキに解決するイノベーティブな農業のモデルを思いつきました。
    今日はその内容を皆さんにご紹介させていただこうと思います。

  • Presenter

    株式会社 日立製作所

    部長

    竹島 昌弘

    ビジター会員

    プレゼンター自薦

    実施日
    調整中
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    調整中
    エントリー日
    2017年10月20日(最終編集日:2017年10月23日)
    プレゼン名
    農業イノベーション
    ファイルNo
    No.00702

    電機メーカーのエンジニアですが、実家(山口県の田舎)では家の前の大きな畑で家庭菜園しながら野菜は(ほぼ)自給自足でした。現在の会社に入社してからは生鮮流通分野を担当し、農業や水産業向けのシステム開発などに従事してきました。
    実家での生活や仕事を通じて農業が避けて通れない様々な課題も痛感してきました。
    まずは露地栽培は気候、天候次第でこればかりはどうすることもできません。特に収穫直前の自然災害は致命的です。それ以外にも従事者確保、輸送費高騰、鮮度保持、病害虫鳥獣など難しい課題も多くあります。今回、これを一気に解決するイノベーションモデルをご紹介します(12/11希望)。

  • Presenter

    株式会社ディ・エフ・エフ

    代表取締役社長

    清水 久敬

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    石井  達
    石井  達
    実施日
    2016年10月28日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて10月定例プレゼンボード
    エントリー日
    2016年09月28日(最終編集日:2016年10月12日)
    プレゼン名
    ESG情報開示を支援するクラウド・ソリューション「Smart Disclosure」
    ファイルNo
    No.00626

    キリン、日立、ソニー等、100社を超える企業のESG情報の開示を支援しています。近年、日本の公的年金も環境や企業統治を重視した企業への積極投資を推進するなどESG情報の重要性が高まっています。当社は、企業のESG情報開示を総合的に革新・支援するクラウド・ソリューション「Smart Disclosure」を戦略事業としてクライアント企業の情報開示力および企業評価の向上を支援しています。人工知能を活用することで、膨大な情報を統合分析し、極めて高い精度で企業のESG評価向上を支援する分析機能を備えています。これらを通じて、企業評価向上を支援するとともに、持続可能な社会の実現に貢献して参ります。

上に戻る