1. ホーム
  2. プレゼンター一覧

プレゼンター一覧

  • Presenter

    八楽株式会社

    坂西 優

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    西澤  民夫
    西澤  民夫
    実施日
    2014年10月23日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて10月定例フォーラム
    エントリー日
    2014年10月14日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00261

    グローバルコミュニケーションを楽しく。 八楽は、多言語コミュニケーションツールの開発・運用を行う渋谷のベンチャー企業です。 クラウドベースの翻訳管理ツール「ヤラクゼン」を開発してします。ヤラクゼンでは機械で下翻訳した後にユーザーが修正する「機械+人間」のハイブリッドのアプローチで、従来の人手のみの翻訳に比べ、翻訳効率が3倍以上に向上します。主な用途は、海外とのメール対応、ビジネス文書、商品データ、記事、マニュアルの翻訳です。 ヤラクゼン:http://www.yarakuzen.com

  • Presenter

    森ビル株式会社

    室長

    矢部俊男

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2013年04月10日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    「森ビル × ローマの市場にて」
    エントリー日
    2013年03月19日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00107

    ・模型は1000分の1 ・森ビル会長が99年の戦略会議で都市の未来像をプレゼンするために作成したのが経緯。 ・模型のシミュレーションは14世紀フランスが起源。用途は軍事目的。 ・1970年代にはUCLAで環境シュミレーションシステムが開発された。 ・1990年代にはCGが多用された。 ・山形、渋谷等のシミュレーションは外部営業で作成した。 ・模型作製とCG作成の手法を融合し、コストダウンに成功した。 ・マンション等の規格をゼネコン等ごとに分類することでカタログも作成した。 ・制作したCGのデータを使いエンタテイメントに活用することも開始。 ・エンタテイメントにプレゼンデータを使うことで異業種とのコラボレーションが発生。 ・サイボーグ009の映画でもコラボレーションしてCGを活用。

上に戻る