1. ホーム
  2. プレゼンター一覧

プレゼンター一覧

  • Presenter

    三菱製紙販売株式会社

    部長

    田中 伸治

    ビジター会員

    プレゼンター確定

    プレゼンター推薦者:
    渡邉 成久
    渡邉 成久
    実施日
    2018年01月29日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて1月定例プレゼンボード
    エントリー日
    2018年01月15日(最終編集日:2018年01月15日)
    プレゼン名
    「Save Nature, Save Future」CSR・CSV活動サポートのご提案
    ファイルNo
    No.00714

    私たち三菱製紙販売株式会社は、紙製品の専門商社として1912年に創業して以来、100年以上にも及ぶ歴史の中で各種用紙をはじめ多種多様な商品を社会にお届けしてきました。
    近年では「子どもたちの未来を創る Save Nature, Save Future」をキーワードに、森林保護や生物多様性保全、さらには子どもたちへの環境教育にも取り組んできています。

    今回は、その経験を活かした各企業様へのCSR・CSV活動サポートのご提案をさせていただきます。

  • Presenter

    amirisu LLC

    共同代表

    田中 芽理

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    新川 五月
    新川 五月
    実施日
    2015年08月05日
    開催フォーラム
    手のひらコトの葉
    プレゼンボード名
    (女性限定)手のひらコトの葉 第4回 プレゼンボード
    エントリー日
    2015年07月20日(最終編集日:2015年07月26日)
    プレゼン名
    amirisuのこれまでと夢について
    ファイルNo
    No.00482

    amirisuを始めたきっかけ、日本や海外の編み物の世界の現状や、それについて私たちが取り組んできたこと、ビジネスプラン、そして今後の目標や夢について。
    編み物がいかにオシャレに新化してきたかをご紹介します!

  • Presenter

    CenterPole株式会社

    代表取締役

    田中 時宗

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    横原 義人
    横原 義人
    実施日
    2015年07月15日
    開催フォーラム
    Sports+ONE
    プレゼンボード名
    2015年 7月 定例 プレゼンボード
    エントリー日
    2015年07月07日(最終編集日:2015年07月09日)
    プレゼン名
    障害者スポーツの現状と社会進出
    ファイルNo
    No.00474

    『立ち向かうべき障害はカラダだけじゃない』
    日本は世界的に見てもパラリンピックの認知度は決して低いものではありません。
    ところが日本の障害者スポーツを取り巻く環境には今だ多くの改善の余地が残されています。
    ハード面のバリアフリーだけではなく、ソフト面のでバリアフリーは特に課題が多く、スポーツ以前に障害を持つ方とのリアルな接点が未だに希少な状況です。
    障害者アスリートをアスリートとして認められるためには私たちがすべきこと、選手がすべきことを発信させていただきます。

  • Presenter

    株式会社ADDIX

    チーフディレクター

    田中 辰也

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    福田 次郎
    福田 次郎
    実施日
    2015年06月26日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて6月定例プレゼンボード
    エントリー日
    2015年06月09日(最終編集日:2015年06月16日)
    プレゼン名
    集合知で新しい価値の共創を実現する"andUプロジェクト"のご紹介
    ファイルNo
    No.00449

    「市場のコモディティ化」及び、「SNSやクラウド等のインターネットの技術進歩」によって”オープンイノベーション”、”共創”という考え方が着目を浴びてきました。昨今、ツール開発や成功事例、研究成果もあって、これらの分野でいよいよ注目度が上がり、取り組もうとする企業も増えてきました。
    そんな中で私たちは、生活者と企業のDBをキーに共創を実現する”andUプロジェクト(http://andu.jp/)”を開始しました。
    当日は、この"andUプロジェクト"について及び、共創コミュニティを持ってアイデアを集める”Skets”というサービスを、事例含めてご紹介させていただきます。

  • Presenter

    株式会社T.C.PLACE

    代表取締役

    熊谷 雄一

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    田中 大地
    田中 大地
    実施日
    2015年04月16日
    開催フォーラム
    Sports+ONE
    プレゼンボード名
    2015年 4月 定例 プレゼンボード
    エントリー日
    2015年03月10日(最終編集日:2015年04月13日)
    プレゼン名
    生地屋の営業が健康施設の社長になった理由
    ファイルNo
    No.00401

    弊社はトレーニングやマッサージなどを主サービスとする健康増進施設を運営しております。
    実は、親会社は繊維の専門商社です。一見、何の接点もないように感じられるかと思います。実際、今のところはほとんどありません笑 ただ、私としては今後どの業種においても「健康」は切り離すことの出来ない大事なテーマだと考えております。
    そのような背景の中で、昨年秋にゼロからの新規事業としてスタートいたしました。

    当日は、運営店舗「TEETER TOTTER」を中心に弊社のご紹介をさせていただきます。
    拙いプレゼンではございますが、どうぞ宜しくお願い致します。

  • Presenter

    グリッドマーク株式会社

    代表取締役

    吉田 健治

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    田中 隆明
    田中 隆明
    実施日
    2014年12月17日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて12月定例フォーラム
    エントリー日
    2014年12月03日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00277

    東京理科大学卒。工学博士。1991年、CG/VR技術の普及啓蒙を目的に㈱ビジュアルサイエンス研究所を設立。以降、デジタルハリウッド㈱、㈱デジタルスケープ(2005年旧HQ場)、㈱アイ・エム・ジェイ(2001年旧NJ上場) などのIT企業を設立し、情報化社会の発展に尽力する。また、2000年法政大学情報科学部教授、2013年電気通信大学特任教授に就任するなど、研究者・教育者としても精力的に活動する。2004年、自身が発明した「見えないドットコードGridOnput」の事業化を目的にグリッドマーク㈱を設立。現在に至る。

  • Presenter

    株式会社Waris

    代表取締役

    田中 美和

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    古杉 和美
    古杉 和美
    実施日
    2014年06月25日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて6月定例フォーラム
    エントリー日
    2014年06月11日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00231

    夫の転勤・育児・介護などの事情でフルタイム正社員という固定化した働き方を変えたいハイキャリア層の女性(=ハイスキルマザー)と、優秀な外部人材を活用したい企業とを結び、女性に働く時間と場所が柔軟な仕事を、企業に事業スピード向上のための迅速な人材配置の実現を提供する。マーケティング・人事・会計・経理・広報などの文系ホワイトカラーが担う上流工程の業務を弊社が企業より請け負い、ハイスキルマザーへ再委託している。ハイスキルマザーに対しては面談と独自の評価シートにより、そのスキルを的確に把握。一方で企業側に対しては綿密なコンサルテーションで業務の切り出しを行う。ライフステージの変化に合わせ、一人ひとりが生き生きと働き続けられる社会の実現を目指す。

  • Presenter

    株式会社サーフテックトランスナショナル、兼フラウンホーファーFEP日本代表

    代表取締役

    鈴木巧一

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    田中俊次
    田中俊次
    実施日
    2014年03月26日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて3月定例フォーラム
    エントリー日
    2014年03月16日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00209

    1998年大手メーカーを早期退職し独立。以来、ベルギーと日本の両方に拠点を置き、1ヶ月ごとに行き来しながら、フラウンホーファー研究所(独)やTNO(蘭)など欧州を代表する実用化研究開発機関の仕組みと技術(特に表面処理関連)を日本の企業や公的機関に紹介し、欧日間の技術移転・開発協力の促進・調整に努めてきた。欧州で1994年に自ら創設した国際会議の運営も続けている。2006年には、国際的な技術競争力を失いつつある昨今の日本の技術開発状況を憂い、日本の研究開発体制変革を狙いとして“技術維新の会”を設立、欧州のような量産試作機能を有した技術集積型の研究開発組織を日本各地に設立する運動も行っている。

  • Presenter

    株式会社タナカ技研

    代表取締役

    田中俊次

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2013年11月20日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    2013年 11月20日 定例フォーラム
    エントリー日
    2013年11月08日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00175

    ・埼玉、香港、中国に工場がある。 ・光学製品製造、精密切断加工が主たる業務。 ・赤外線のカットフィルターは月産2000万ピースを製造している。 ・これらは携帯電話のカメラに実装されている。 ・リーマンショック時には売上が80%ダウンして苦労した。 ・国内の補助金制度でかなり助かった。 ・ドイツ、オランダではフランフォーファーという制度があり便利。

  • Presenter

    慶應義塾大学

    准教授

    田中浩也

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2013年04月10日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    「森ビル × ローマの市場にて」
    エントリー日
    2013年04月14日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00114

    ・15年に1度、技術が社会と出会う。 ・PC(1980)、インターネット(1995)、パーソナル・ファブリケーション(2010) ・小学校3年生でプログラムを書いて札幌街歩きのソフトを作成。 ・2003年、東京大学在学時に六本木ヒルズオープニング展覧会に参加。 ・デジタル写真を活用したフォトウォーカーの特許を取得。 ・フォトウォーカーは写真をめくっていく感覚で街歩きを撮影者の視点で追体験できる。 ・3次元プリンターを生活空間の中での活用する実験をおこなってみた。 ・パーソナルコンピューターからパーソナルファブリケーターへ。 ・日本にはファブラボが4か所ある。 ・世界50カ国には150か所のファブラボがある。 ・すべてのファブラボはネットワークでつながっている。 ・年に1回世界ファブラボ会議が開催されている。今年は横浜で開催。

上に戻る