1. ホーム
  2. プレゼンター一覧
  • ミニマムイングリッシュ

    代表

    杉原 浩二郎

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    西澤  民夫
    西澤  民夫
    実施日
    2016年10月28日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて10月定例プレゼンボード
    エントリー日
    2016年08月25日(最終編集日:2016年09月26日)
    プレゼン名
    どうすれば日本人は英語が話せるようになるのか?
    ファイルNo
    No.00616

    グローバル化が叫ばれ、日本人にとって英語が話せることの必要性は高まっています。
    そして世の中には多くの英会話スクールが作られ、政府も英語教育に力を入れています。
    しかし、TOEFLのスピーキングスコアがアジアで最下位を記録するなど、日本はお世辞にも英語が上手くなっているとは言えない状況です。
    なぜ、日本人は英語が苦手なのか?
    そして、どうすれば日本人は英語が話せるようになるのか?
    私自身がゼロから独学で1年間勉強した経験、イギリスに1年半留学した経験、これまでに100人以上の方々を指導した経験を元にお話させていただきます。

  • Presenter

    株式会社The 10th Floor

    代表取締役社長

    アーリフ ムタズ

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    渡邊 賢一
    渡邊 賢一
    実施日
    2015年08月28日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて8月定例プレゼンボード
    エントリー日
    2015年07月03日(最終編集日:2015年08月28日)
    プレゼン名
    グローバルの観点からのブランディング&デザイン
    ファイルNo
    No.00473

    日本は2020以降に向けて、グローバルで物事を進まないといけない中で、ほとんどの企業が「グローバル=英会話」と勘違いしたり、デザインが価格競争になったりしてる日本はおかしいです。そもそも表現が苦手な日本人がこれからどうやってグローバルで戦えるかと言ってら、その一つの回答が「デザイン」です。そのデザインの元に来るのが「ブランド」の意識です。

    サウジアラビア人の若者2人は日本に恩返しができると信じてるので、ぜひお話を「見て」ください。

    ※プレゼン資料は100MBを超えてるため、低画質のものをアップしています。

  • Presenter

    中国シンセンラッキーコードインターネット会社

    運営者

    孫雪梅

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    星 六郎
    星 六郎
    実施日
    2014年05月28日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて5月定例フォーラム
    エントリー日
    2014年05月17日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00223

    中国向けのオンライン英会話スクールについてご紹介いたします。 (常春籐英語在線 所在地:中国シンセン) http://www.ivyus.cn 1.海外からネーティブな英語教師を募集して、独自で開発したシステムに登録してもらう。ユザー は無料登録、無料体験レッスンを通して、有料レッスンコースを選択。 教材種類:9シリーズ(英会話、文法、TOFEL、単語訓練など) 料金体系:35種類(レッスン単価はRMB7元~20元) 教師:フィリッピン、メキシコ、アフリカ諸国など(低賃金で英語がネーティブな国)2.2013年10月、新華社通信が主催した全国社会教育公信力大会では本サイトは公信力認証を獲得、創業者は中国社会教育傑出(優秀)人物の賞を受賞。本サイトの社会的信用力がすでに確立。

  • Presenter

    株式会社ベストティーチャー

    代表取締役CEO

    宮地俊充

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2012年02月15日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    平成24年2月15日 定例フォーラム
    エントリー日
    2012年09月21日(最終編集日:2015年02月09日)
    プレゼン名
    「細切れ5分でできる英会話レッスンサービスBest Teacherについて」
    ファイルNo
    No.00023

    ・Best Teacherは5分でできる、中毒性のある英会話レッスンサービス。日本にいながら英語が話せるようになるサービスを目指している。 ・日本人は中高6年間勉強しているにもかかわらず、英語ができない人がほとんど。 ・なぜ、英語が話せるようにならないか?の一番の原因は「続かないから」。続かない理由は①教材がつまらない(≒自分の役に立たない状況設定が多い)、②時間と場所が固定される、③孤独に勉強する。 ・これを①自分がやりたいシチュエーションを設定し、②オンラインの非同期非対面でlogを残しながら(⇒復習が可能)、③ソーシャル性を持たせることで「細切れ時間」を活用しながら英語を習得させていくもの。 ・講師は基本的にアジアの英語圏の人材を活用。アジア特有の勤勉さ、誠実さ、親日さを生かし、さらに貨幣価値の格差を利用して、究極のCtoCクラウドソーシングにすることもできると目論む。 ・2012年3月中旬にβ版リリース、4月に正式伴リリース予定。年内に有料会員4,500人(月額3,000円)を目指す。

上に戻る