1. ホーム
  2. プレゼンター一覧

プレゼンター一覧

  • Presenter

    Creww株式会社

    manager

    加藤 健太

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    西澤  民夫
    西澤  民夫
    実施日
    2018年01月29日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    ローマの市場にて1月定例プレゼンボード
    エントリー日
    2018年01月16日(最終編集日:2018年01月24日)
    プレゼン名
    スタートアップと大企業の協業について
    ファイルNo
    No.00715

    スタートアップ企業3300社のコミュニティをもつCrewwが、
    何を実施しているのか。
    スタートアップ企業と大企業の協業はどのように組んで行っていくのか。
    といったテーマでお話をできればと考えております。

  • Presenter

    長崎総合科学大学

    常務理事客員教授

    吉村 進

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    西澤  民夫
    西澤  民夫
    実施日
    2016年06月28日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    【満員御礼/ 募集終了】再開!ローマの市場にて6月定例プレゼンボード
    招待
    未承認/内容未記入
    エントリー日
    2016年05月30日(最終編集日:2016年06月21日)
    プレゼン名
    平成28年春 紫綬褒章受章記念 導電性高分子を用いた固体電解コンデンサの開発
    ファイルNo
    No.00583

    この度、春の紫綬褒章受章の栄誉に浴し天皇陛下に拝謁することになりました。いつぞやローマの市場にてでお話しした「高熱伝導性グラファイトシート」ではなく、別添の「導電性高分子コンデンサ」です。30年以上前の仕事が今更評価されましたのは、西澤様はじめ皆様と共に産学官連携の活動を続けてこられたお陰と思います。篤く御礼申し上げます。

    私が一人で実験を開始し、会社幹部の反対に耐えながら進めてきた仕事が、今では市場3000億円、雇用5000人以上を達成していることは、感慨の至りです。今般当フォーラムでご紹介する機会が得ました。

  • Presenter

    弁護士法人虎門中央法律事務所

    代表社員 弁護士

    苗村 博子

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    山口 久美子
    山口 久美子
    実施日
    2015年10月21日
    開催フォーラム
    知財の泉
    プレゼンボード名
    「知財の泉」 リニューアル後第2回プレゼンボード開催
    エントリー日
    2015年09月17日(最終編集日:2015年10月07日)
    プレゼン名
    営業秘密侵害における民事訴訟の進め方
    ファイルNo
    No.00518

    東芝、新日鉄住金ともに、300億円を超える和解が話題となりましたが、判決となると、半導体封止機械装置事件が5億2000万円、ポリカーボネート事件が2億円強と、まだまだ額が少ないのが現状であり、課題は残っているところです。
    しかし、この5億円を判決で勝ち取るのも至難の業であり、当該事件で当職が経験した毎回2時間を超える弁論準備、証拠探しのための探偵的行動など、侵害立証、損害立証、その死闘におけるノウハウのすべてをご紹介いたします。前回の玉井先生のお話にもありましたように刑事事件で立件してもらえれば、少しは立証が楽になるかもしれません!

  • Presenter

    株式会社 ASK商会 開発部 / 株式会社クラウドリーフ 代表取締役

    株式会社 ASK商会 開発部 / 株式会社クラウドリーフ 代表取締役

    小林 靖典

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    プレゼンター推薦者:
    高田  直弘
    高田  直弘
    実施日
    2015年01月30日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    新春!!ローマの市場にて1月定例フォーラム
    エントリー日
    2015年01月19日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00286

    当社が開発した、有機物処理装置ERCM(Earth Resource Ceramic Machine)は、有機物を1/300-1/1000の粉末状のセラミクスに分解できる装置で、分別していないいわゆるゴミを投入して処理することが可能な装置です。当装置の主な特徴は以下の3つです。・減容率が1/300-1/1000で、従来の焼却炉と比べて桁違いの減容率・補助燃料を一切使用しないので、ランニングコストが非常に安価・残渣が灰ではなく、粉末状のセラミクスとなるので、リサイクルに有効。本技術は、日本、国際の特許取得済みです。また、当装置は放射線を含んだガレキにも有効で、環境省平成24年度除染技術実証事業にて平成25年6月環境省(日本原子力研究開発機構)より以下のような高い評価を得ました。・放射性セシウムに汚染された有機性廃棄物を炉内で処理することで残渣灰中に放射性セシウムをほぼ全て留め置き減容化できる。現地へ移動しセシウムを外部へ飛散させることなく減容処理が可能である。

  • Presenter

    グリッドマーク株式会社

    代表取締役

    吉田 健治

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2012年12月19日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    2012年 12月19日 定例フォーラム
    エントリー日
    2012年12月08日(最終編集日:2015年02月09日)
    ファイルNo
    No.00090

    ・グリッドオンプットとは見えないドットコード(2mm角のサイズに極小のドット32個を配置)によって構成される二次元コード技術。 ・特徴はコードが見えないので、印刷物のデザインを損ねない。最大300兆のコードを発行できる。家庭用プリンターでも印刷可能だが、通常のコピーでは複写できずセキュリティ性に優れる等。世界160件以上に及ぶ日本発の国際的特許技術を持つ。 ・紙とデジタルをつなぐ、インターフェースとなり、あらゆる情報サービス分野で利用可能。 ・導入実績は公文(音声ペン。50万台を出荷済)、シャディ(通販カタログ)、生命保険(保険見積り)、三井不動産(カタログ)アスカティースリー(オーダー端末)、マルコメ/デサント(真贋判定タグ)等。 ・スキャナーで読み取ることで音声情報も入出力できる。 ・同社ではソフト開発、ハード開発、基盤開発のすべてを行う。コア製品の製造・販売に特化し、アライアンスを通じて製品化を促進している。 ・ペン型のマウス、スマートフォンとの連携も開発中。

  • Presenter

    チームラボ㈱

    取締役

    吉村 譲

    ビジター会員

    プレゼンテーション済

    実施日
    2011年08月25日
    開催フォーラム
    ローマの市場にて
    プレゼンボード名
    平成23年8月25日 定例フォーラム
    エントリー日
    2012年09月21日(最終編集日:2015年02月09日)
    プレゼン名
    「最先端のテクノロジー(Information Technology + Robot Technology)と最高峰のクリエイティブ(Art+Design)の融合」
    ファイルNo
    No.00045

    ・東京大学・東京工業大学の大学院生・学部生が集まり、2000年12月にスタートした企業。現在はグループ企業も含め200-300人の従業員数。 ・コンセプトは「テクノロジー&クリエイティブ」。最先端のテクノロジー(Information Technology + Robot Technology)と最高峰のクリエイティブ(Art+Design)を融合させることで、イノベーションを起こそうというもの。 ・自社の基礎技術は検索エンジンとレコメンデーションエンジン。この2つは広義の「検索」である。検索エンジンは既知の情報を深堀し、レコメンデーションエンジンは未知のエリアに行動履歴、関連性から横方向へ検索を広げていくということである。 ・上記コンセプトの実現例の一つとしてはつぶやきから商品の在庫状況を確認できるTwitter連動型サービス「コレカモネット」。フルオートメーションでの運用となっている。 ・ユーザーのtwitterでのつぶやきは曖昧な日本語であり、検索技術の精度にも限界がある。技術だけではユーザーの満足度を上げることは難しい。この技術面の限界をクリエイティブが補完することで、ユーザーはより楽しく、満足度を上げる方向へもっていくことができている。 ・具体的にはデザイン、キャラクターを柔らかい、丸いものとし、「これかも」という断定しない表現を採用。ユーザーの意図とは違う「間違った返答」や場合によってはギャグや冗談のような返答をすることさえ、ユーザーは楽しんでおり、満足度が高い。

上に戻る